きーすのマイル獲得日誌

マイレージを中心に時々脱線する陸マイラーのブログ

【戦後は終わっていない】初国産ジェット旅客機MRJ ANA塗装の機体、パリエアショーで展示。

f:id:kys32:20170619125045j:plain

パリで開催されている航空ショーにおいて、ANA塗装のMRJが展示されました。MRJ三菱航空機が主導して開発を進めている初国産ジェット旅客機で、ANAMRJのローンチカスタマー(開発を後ろ盾し、規模のある発注を行った会社)です。日本の航空機産業の隅っこから眺めている者として雑感を落書きします。

www.yomiuri.co.jp

日本航空機産業の戦後は終わっていない。

日本は敗戦後7年間、GHQから航空機の開発生産を禁じられました。その結果、日本は航空機のノウハウを失い、世界の航空機産業のメジャープレイヤーから姿を消すことになります。工業立国である日本が未だに飛行機分野で遅れをとるのは、この7年間のブランクが埋めがたいものだったのでしょう。

開発の禁止が解かれた後、初の国産プロペラ旅客機YS- 11が開発されましたが、商業的には失敗します。官民合同プロジェクトだからでしょうか、ビジネス的な視点が掛けていたため、赤字で終了という結果に終わります。

しかし、YS-11の開発がなければ、ブランクは大きくなり、私たちが国産旅客ジェット機で空を飛ぶという浪漫を見ることは決してなかったでしょう。YS-11の開発生産に携わられた先輩方に感謝です。MRJYS-11から受け取ったバトンを是非初納入へ繋げて欲しいものです。

日本の航空機開発の水準は? 

実は戦後、国産飛行機は、多く開発されてきています。ただし、それは自衛隊向けの航空機に限った話です。ではなぜ、国産旅客機が開発されないのかと言うと、旅客機開発のノウハウがない事、国策の自衛隊向け航空機と違い莫大な経営体力が要求されるといった事は無論ですが、一番のネックと言うのは他国で運用されるとうい事に尽きると思います。

他国で運用すると言うことは、この航空機はその国で飛んでも良いというお墨付きを、その国で得る必要があります(必要ない国も一部あるかもしれませんが)。このお墨付きは型式証明と呼ばれるものです。この証明を得ることが日本の航空機開発をムリゲーにしているのです。

ムリゲー型式認証の壁 

型式証明は運用する国すべてで取得する必要があるわけではなく、事実上、アメリカの連邦航空局(FAA : Federal Aviation Administration)と、ヨーロッパの欧州航空安全機関(EASA : European Aviation Safety Agency)から取得できれば一応の開発完了とされます。

もちろん日本での型式証明は必要ですが、アメリカの連邦航空局の審査に沿った内容になっています。これは日本(国土交通省)に型式証明の審査のノウハウがないためと言えます。審査当局にとっても戦後は続いているようなものです。

さて、この型式証明を得るには航空機の安全を証明する莫大な審査をパスする必要があるのですが、先行するボーイングエアバスといった航空機会社は過去からノウハウがあり、どの程度の作業が必要か、といった塩梅を理解しています。

一方、今回開発を主導する三菱航空機にとってはわからないことだらけ、トライ&エラーの繰り返し、といった状況だと思います。言い換えれば、欧米メーカは攻略本片手に2週目3週目のやりこみに入っているのに対し、日本企業は説明書を読むところから始めている様なものです。

この業界では、日本は欧米の敷いたルールの上で戦うことになるのです。

もはや戦後ではないと言える日 

現在のMRJの納入予定は2020年と発表されています。これは当初計画から7年遅れていることになります。これは型式証明の取得が難航しているためと言われています。個人的にはさらに遅れるリスクはかなり高いと感じています。

遅延により、開発費は膨らみ、エアラインからの受注もキャンセルを受けるリスクも増大していると思います。将来運用のフェーズに入っても開発費を回収できるのかは不透明ではないかと思います。

しかし、日本の航空機産業が自動車産業と肩を並べる日が来るよう、ぜひ三菱航空機はじめ関わる日本企業はこのムリゲーをクリアし、未来へバトンを繋いで欲しいものです。

その中で、我々陸ANAマイラーはいつか、貯めたマイルでMRJで飛び回る日を夢見て、応援していきましょう。 

【最初にやった事②】陸マイラー界のニートカード「ソラチカカード」は年間216,000マイル獲得を可能にする出来る子

f:id:kys32:20170616013343j:plain

陸マイラーになって最初にやる事は次の3つとなります。①ポイントサイトへの登録が済んだら、次は②クレジットカードの発行(マイルへの交換ルート獲得用)に取り掛かります。

①ポイントサイトへの登録

②クレジットカード(マイルへの交換ルート獲得用)の発行

③クレジットカード(日常決済用)の発行

 ①のポイントサイトへの登録がまだの方は下記リンクを先にご覧ください。

keith-mile.hatenablog.com

陸マイラー必携の1枚ソラチカカード

タイトル通りです。ソラチカカード(ANA To MeCARD PASMO JCB)を発行します。

いやいや、俺はJR LOVEだって言う人も、ここはグッと堪えて発行すべきです。(笑)

陸マイラーはこのカードがないとやっていけません。

ただし、このカードは日常決済用ではありません。そう、ニートなんです。届いたらお家でそっと寝かせてあげください。でもただのニートではありません。陸マイラーにとっては、できる子なんです。日常決済に使用するなとは言いませんが、もっと他にマイルが貯まるカードがありますのでお勧めしません。日常決済用カードの発行は次のステップです。

このカード発行する理由は効率的なマイル交換ルート(通称ソラチカルート)を獲得するためです。 ポイントサイトで獲得したポイントはソラチカカードでマイルへ交換することになります。

ソラチカカードの年会費

ソラチカカードの年会費は、初年度は無料です。翌年以降は、本会員2,000円(税別)、家族会員 1,000円(税別)がかかります。

ニートしてるカードに年会費はもったいなく感じるかもしれませんが、次に述べるソラチカカードのメリットを活かせば直ぐに元はとれます。

 

なぜソラチカカードなのか

下表をご覧ください。

ソラチカカードの最大のメリットは100メトロポイントを90ANAマイルに交換できることです。すなわち90%の交換率です。

f:id:kys32:20170615205940p:plain

 これがどれだけ凄いかと言うと、Tポイントの対ANAマイルの交換率は50%、楽天ポイントも50%といった具合です。ソラチカカードの交換率がずば抜けていることがわかります。

じゃあそのメトロポイントさんとやらは、どこに生息しているの?美味しいの?という話になるんですが、ハピタスをはじめとするポイントサイトで獲得したポイントはメトロポイントに等価(交換率100%)で交換することができるんです。

ソラチカルートを理解する

ポイントサイトからメトロポイントを経てANAマイルを獲得するには下表のルートを経ることになります。ハピタス10,000ポイントは9,000マイルへ交換されています。

これが、Tポイントや楽天スーパーポイントの場合、10,000ポイントが5,000ANAマイルとなり大きく目減りしてしまいます。

f:id:kys32:20170616005318p:plain

この表を見て気づかれたかれたと思いますが、ドットマネーというサイトが新たに登場しました。ハピタスのポイントとメトロポイントの橋渡しができるサイトです。もちろんハピタス以外のポイントサイトのポイントの橋渡しも可能ですので、登録をしましょう。

d-money.jp

ソラチカルートで年間216,000マイルを獲得する

残念ながら毎月のメトロポイントからANAマイルへの交換上限が20,000ポイント(=18,000ANAマイル)に設定されています。つまり、18,000ANAマイル × 12カ月で年間216,000ANAマイルが上限となります。

多くの陸マイラーブログで年間216,000ANAマイルが貯められるという記事が多くあるのはこれに起因しています。

ポイントサイトからソラチナカードを発行してポイントは貯まる?

現時点、ポイントサイトにソラチナカードを発行してポイントが貯まるサイトは見当たりません。私が申し込んだ時点でもありませんでした。ただし、先に登録したハピタスのポイントが貯まり始めていたため、公式HPからすぐに申し込みました。

ポイントサイトのポイントを貯めこんでも、メトロポイントの交換上限20,000ポイントに引っかかるだけですので、できるだけ早く発行しソラチナルートを回す事をお勧めします。

まとめ

ソラチナカードの発行と、それを利用したソラチカルートを説明してきました。

少し長い内容になってしまったかもしれませんが、挙げたやる事は次の2点だけです。

①ソラチナカードの発行

②ドットマネーに登録

サクッと片づけて、マイル生活へ踏み出しましょう。

【最初にやった事①】ポイントサイトへの登録 最初に登録すべきポイントサイト「ハピタス」

f:id:kys32:20170615011530j:plain

陸マイラーになって最初にやる事は次の3つとなります。このうち、私が最初にやったことはポイントサイトへの登録です。

①ポイントサイトへの登録

②クレジットカード(マイルへの交換ルート獲得用)の発行

③クレジットカード(日常決済用)の発行

keith-mile.hatenablog.com

 

これから陸マイラーデビューの方は、必ず最初にポイントサイトへの登録から行ってください(←ここ重要!)。その後に日常決済用クレジットカードの発行をしてください。まずはポイントサイトへの登録からですよー。はい、大事なことなので2度言いました。

理由は察している方もいらっしゃると思いますが、登録したポイントサイト経由でクレジットカードを申し込むことでポイントを獲得するためです。 

何処のポイントサイトへ登録するか問題

何々問題と書きましたが、大した問題ではありません。(←おいっ!!)なぜかというと、結局は複数のポイントサイトに登録することになるからです。

そもそも、ポイントサイトには案件ごとに強みがあります。あるサイトはクレジットカード発行に強み、あるサイトはショッピングに強み、あるサイトはモニター案件に強み、、、などなど。さらには、未登録のポイントサイトで大型ポイント獲得案件が掲載されたりもしますので。私の陸マイラーデビュー3カ月での登録数は4つです。

では手始めに何処に登録するかというと「ハピタス」をお勧めします。これはある程度結論が出ていると話だと感じています。私が最初に登録したサイトも「ハピタス」です。

これから陸マイラーを始めようという方々は、様々な陸マイラーブログを訪問し研究されていると思いますが、いずれのブログにおいても必ず「ハピタス」 を勧めていることに気づかれると思います。 

ポイントサイト「ハピタス」の魅力

【魅力①】網羅性と高還元率

ハピタスの魅力は網羅性にあります。ポイントを獲得の機会はショッピング、サービス、アンケートなど、多岐に及びます。それに加えて、比較的還元率が高く、大型案件も頻繁に掲載されます。

【魅力②】ポイントの価値が分かりやすい

私的に魅力なのがこれ。「ハピタス」の1pt=1円相当なんです。分かりやすくて最高です。頭のメモリが少ない私にはSimple is Best.です。他のポイントサイトは1ptが2円相当や10円相当であったりと少しややこしいです。もちろん陸マイラーとしてはこの獲得ポイントはマイルに交換する事になります。

【魅力③】友紹介制度

この制度がハピタスをKing of ポイントサイトとする要因です。ハピタスにはハピ友と呼ばれる紹介制度があります。例えば太郎君の紹介で花子さんがハピタスに登録したというケースの場合、それぞれに次のメリットが発生します。

花子さん(ハピ友)のメリット
・登録時に30ptがもらえる

太郎君(紹介主)のメリット
・紹介時に100ptがもらえる
・花子さんが獲得したポイントに応じて、太郎君にもポイントが付与さます。
 例えば花子さんが1,000ptを獲得したとすると、その10%の100ptが太郎君に付与されま
 す。花子さんの獲得ポイントが減るわけではありません。きちんと1,000ptがもらえます。

 なお、太郎君に付与さるポイントは下表ハピ友ポイント率の通りハピ友数に応じて変
 動します。

f:id:kys32:20170614235248p:plain

この友達紹介制度があるため、多くのブログでの紹介・推薦に繋がっていると言えます。友達紹介制度に積極的に触れないブログもありますが、紹介を受ける側が損をする話でもありませんし、陸マイルデビューした方が、家族をハピ友にしてメリットを享受するという即効性もありますので、紹介しました。(ホントのところ隠し事ができない小人さんだからですが)

ポイントサイト「ハピタス」への登録

今回紹介したハピタスへの登録はこちらから可能です。こちらより登録で30ptもらえます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

当ブログからの登録でなくとも、他に参考にされたブログ経由から登録されるのもいいと思います。30ptもらえる機会を捨てる理由はありませんので。

私の場合は応援の意味を込めて同じ時期に陸マイラーデビューされた駆け出しの方のブログ経由で登録しました。

「ハピタス」以外のポイントサイトへの登録について

ハピタス以外のポイントサイトへの登録についても、後日紹介していきたいと思いますが、最初から幾つも登録する必要はないと考えています。将来的に、未登録ポイントサイトで大型ポイント獲得案件が発生したタイミグでそのサイトに登録しても遅くありません。

それよりも、まずはハピタスなどの1つのサイトを登録・利用してみてマイル獲得をしてみください。きっとワクワクすると思います。

【基本】陸マイラーのマイルの源泉と汲み上げるツールについて

f:id:kys32:20170614005713j:plain

マイルを貯める方法は数あれど、陸マイラーにとってのマイルの大きな源泉は次の2つです。

①クレジットカード決済でマイルを貯める。

一番メジャーな方法だと思います。私の場合、年間200万程度はクレジットカード決済をしますので、還元率1.5%のクレジットカードの場合、30,000マイルが獲得できる計算になります。

シーズンによりますが、30,000マイルあればカップルで東京⇔北海道の往復が可能です。毎年恒例の北海道旅行、、、、、私的にはこれだけでもご飯が進みそうです。

今や我が家は2人のリトルモンスターと生活していますので足りないですが。。。

でも、4人で行けば楽しさも4倍なはず!

 

②ポイントサイトを利用してマイルを貯める。

ポイントサイトを経由してサービスを利用したりショッピングしたりすることでポイントがたまります。

代表的なものではクレジットカードの申し込み。例えば、クレジットカードの申し込み1件で10,000マイル、、、さらにご飯が進みますね。

私の場合は、陸マイラーデビュー3カ月で50,000マイル相当を獲得できる勢いです。

他にはFX口座の開設の開設や商品モニターや、ネットサービスの申し込みなどがあります。

 

その他にも

上記の2つには効率性は劣りますが、航空会社提携サービスを利用して貯めることも可能です。例えば提携ホテルや提携ショップでのショッピングなどですが、獲得できるマイルが少なく、あくまでサブ源泉という感じです。だからでしょうか、他ブログでもあまり注目されていませんが、私は結構好きです(笑)

提携サービスで獲得するマイルは翌月には反映されるので、成果がすぐに見えるんですよね。小銭貯金みたいで貯まっていく感じが快感です。ポイントサイトで獲得したポイントをマイルに交換するには結構時間がかかります。

塵も積もれば何とやら。ちょっとした仕組み作りで結構貯まります。着実に貯まってきています。この取り組みについては後日紹介したいと思います。

 

マイルを汲みあげるツールを得よう!

源泉を見つけたら次にやることは、ここからマイルを汲み上げるツールを得る事です。

具体的なアクションは次の通りです。

①ポイントサイトへの登録

②クレジットカード(マイルへの交換ルート獲得用)の発行

③クレジットカード(日常決済用)の発行

これらが完了すれば、もうバキュームカーが手に入ったようなもんです(笑)。

どんどんマイルを汲み取っていきましょう。

 

ということで、座学はここまでにして、次回は陸マイラーデビューしてバキュームカーが納車されるまで最初にやった事を紹介していきたいと思います。

はじめに。

f:id:kys32:20170613014244j:plain

はじめまして。陸マイラーのブログを始めるキースです。

航空機業界(製造する方)に身を置きながら、飛行機に乗る機会は年数回程度という状態。遠出出張はもっぱら新幹線です。

いやいや、そこは顧客(私の場合はエアライン)のサービスを使えよって話ですが(笑)。

なので、航空機に乗るといつもワクワクしてしています。(笑)

海外出張などは積極的に手を挙げてるんですけどねー。だいたい美味しいところは上司が持っていくんですよね。

マイラーを始めるきっかけ

そんな私がマイラーを始めるきっかけは、クレジットカードのポイント制度改悪をきっかけに、新たなクレジットカードを探し始めたことです。

今までは、還元率だけを目安にクレジットカードを選定していましたが、いろいろな陸マイラー先輩方のブログを拝見してみると、同じポイントでも楽天ポイントやTポイントなどよりANA価値が高いということがわかりました。

ということで、ANAマイルへの還元率という視点でクレジットカード選びを進めることにしたのですが、さらにクレジットカードの利用だけがマイルを貯める手段ではないということもわかりました。

 かくして、陸マイラーへの道を進むことになりました。

ブログの方針

陸マイラー活動は17年3月から開始して、3か月程度が経過しました。

徐々にですがマイルも貯まり始めています。

 これから陸マイラーを始められる方 or 近い時期にはじめられた方も多くいらっしゃると思います。

そんな方のベンチマークなるように、そして将来的には、新たに陸マイラーを始められる方の参考となるように、足跡を残していきたいと思います。

 

では、よろしくお願いします。